舌炎

舌炎

燃える夏の日ざしもようやく和らいできたようです。みなさまいかがお過ごしですか。さて、今回は「舌炎」です。

 

貧血、ビタミン欠乏症などの場合に舌炎が起こってきます。すなわち、はじめは舌乳頭の発赤、ついで舌の尖端、辺縁、背部の発赤が起こり、口腔に灼熱感、創傷感を訴えるようになり、ときには小水疱、小亀裂が生ずるが、後には粘膜の萎縮、乳頭の消失が起こります。このような変化をきたす疾患としては、大赤血球性貧血(悪性貧血、スプルー、膵臓機能不全症、膵臓嚢腫性線維化症、条虫症、その他のビタミンB12欠乏症)、ビタミンB複合体欠乏症、鉄欠乏性貧血、特発性萎縮性舌炎などが知られています。ハンター舌炎はこの一つです。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

 

 

 

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ