過保護

過保護

汗ばむ陽気に、夏の到来を実感しています。みなさまいかがお過ごしですか。さて、今回は「過保護」です。

 

子どもを必要以上に保護することで、ひとりっ子、おばあさん子、両親が年をとってから生まれた子、長い間待ち望まれた子、弱い子の場合にみられることが多いのです。最近、核家族化の傾向が強まったことに伴ってこの問題がクローズアップされ、育児相談のかなりの部分をしめる重要な問題となりました。過保護に育てられた子どもにみられる問題としては、指しゃぶり、爪かみ、内弁慶、人みしり、友達と遊ばない、反抗、偏食、抱きぐせ、おんぶぐせ、夜泣きなど多くのものがあり、結局依頼心が強く、独立心のない、神経質な、引っ込み思案の性格をつくってしまいます。このような現象のかげには、夫婦関係、嫁姑関係のゆがみ、葛藤が存在していることが多いのです。かわいがりすぎ、甘やかしと過保護は全く同義ではありませんが、多くの場合同時にみられます。母が子どもの世話をやきすぎることも同様につかわれることがあります。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。