低温殺菌法

低温殺菌法

 

やわらかな春の日ざしが心地よい季節になりました。みなさまいかがお過ごしですか。さて、今回は「低温殺菌法」です。

 

加熱により変質の可能性の大きいものを100℃以下の温度で殺菌することです。細菌やカビの増殖型は60℃以上の温度で30分程度加熱すると死滅するので、間欠滅菌の方式で1日1回この条件の加熱を繰り返して滅菌することができます。通常は3~5回の加熱を行ないます。また牛乳の殺菌の場合、乳酸菌その他、有用な細菌を殺さず、ビタミンその他の栄養成分を破壊することなく、病原微生物のみを殺菌するため、62~65℃、30分、または71℃、14~16秒、あるいは100℃以上に数秒の加熱操作を行ないます。この型の低温殺菌操作をパスツリゼーションといいます。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

 

 

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。