優格観念《支配観念》

  1. TOP
  2. その他の診療科目
  3. 精神
  4. 優格観念《支配観念》
豆知識記事一覧

優格観念《支配観念》

街中が、クリスマスイルミネーションで美しく輝いています。みなさまいかがお過ごしですか。さて、今回は「優格観念」です。

 

強い感情を伴った思考が、頭からついて離れない固着観念になった場合に優格観念といいます。たとえば子供を失ったときに、悲しみとともに愛児の死亡が繰り返し思い出されたり、うつ状態のときに絶望感とともに自殺や罪業観念が頭をはなれないような場合です。観念が起こる過程も、内容にも誤りはなく、了解可能です。強迫観念との違いは、前者では強迫体験がないこと、観念の固着そのものに苦痛感を伴わないことなどがあります。優格観念は熱狂者の主義主張としてもよく認められます。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ