下 血

下 血

厳しい寒さがつづいていますが、みなさまいかがお過ごしですか。さて、今回は「下血」です。

 

血液が肛門から出る場合が下血です。潜血便と異なり、出血が肉眼的に判明するものです。下血は一般に黒色便、タール便として現れることが多いですが、潜血便のこともあり、この場合には腸出血あるいは血便と呼ばれています。

 

タール便は上部消化管、小腸、盲腸、上行結腸で、一時に 50~100 ml 以上の出血があるとき、血便は肛門、直腸、S状結腸、下行結腸の出血のときに現われます。

 

したがってタール便は胃十二指腸潰瘍、胃癌、胃炎、盲腸・結腸癌、肝硬変症、白血病など、血便は赤痢、急性大腸炎、潰瘍性大腸炎、直腸癌、痔核などの場合に多くみられます。

 

-小島内科クリニック医学豆知識でした-

197.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ