縟(じょく)瘡

縟(じょく)瘡

今年のカレンダーもとうとう残りあと一枚になりました。みなさまいかがお過ごしですか。さて、今回は「縟瘡」です。

 

「とこずれ」ともいいます。圧迫によって組織の血行が壮絶するために起こる局所の壊死をいいます。長く臥床する患者の仙骨部や大転子部に生ずるものはその典型です。壊死組織が脱落するとそこに縟瘡潰瘍を生じます。

 

縟瘡はその予防が大切であって、そのためには圧迫が一部分に長く加わらないように、ときどき体位の変換を行うこと、円座のようなものを使用して発生しやすい局所に圧迫が加わらないようにすること、着衣やシーツにシワがよらないようにすること、生じやすい部分の皮膚を清潔に保ち、またたびたびアルコールで良く清拭することなどが必要です。

 

長期臥床患者における縟瘡発生の有無は、看護の良否を判断するよい指標になります。

 

-小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

188.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。