歯ぎしり

歯ぎしり

虫の音にも秋の深まりを感じる季節となりました。みなさまいかがお過ごしですか。さて、今回は「歯ぎしり」です。

 

上下顎の歯を強くすり合わせたり、きしませたりして音を出す異常運動で、睡眠中に行なわれることが多いが、起床時にも認められます。

 

原因は一般に不明であるが、精神的ストレス、疲労、咬合の不調和などの刺激が脳の下顎運動中枢を興奮させ異常運動をひき起こすという説があります。

 

歯ぎしり患者では、異常に強い歯の咬みしめとすり合わせの結果、歯質に高度の摩耗が生じ、歯ぎしり運動の行なわれる部位と運動方向に応じた特有な摩耗面が歯に認められます。

 

また異常運動に伴う過大な負担が歯周組織に咬合性外傷を生じさせることから、歯ぎしりは歯周疾患の有力な原因の一つと考えられています。

 

歯ぎしりの治療法としては精神安定剤の投与、局所的には紙面の接触を断つためのナイト・ガードの装着、早期接触、咬頭干渉など咬合の不調和の咬合調整による除去、咬合不調和の原因をなす不良補綴物の修正などが行なわれます。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

143.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。