貧 血

貧 血

いつの間にか、日ざしも風も夏めいてまいりました。みなさまお元気でお過ごしですか。さて、今回は「貧血」です。

 

一定容積血液中に含まれる血色素量が正常範囲を超えて減少した状態を指します。血色素濃度の正常下限は明瞭に設定されておらず、したがって、これ以下であれば貧血とみなすべきであるという数値を具体的にあげることは困難でありますが、健常成人男子では13.0 g/dl、女子では11.0 g/dlが一応目安として用いられます。

 

貧血は、1)血色素の崩壊過剰(溶血)または血管外喪失(出血)、2)産生の減少、および3)両機序の合併により発生します。生体内における血色素の主要な役割は酸素運搬であり、したがって、貧血では、諸臓器の酸素欠乏に基づく症状が共通してみられ、このほかに、各種の貧血ごとに特有の症状が加わります。

 

貧血の診断に際しては、まず、血色素濃度の低下を証明したのち、貧血の種類を鑑別しなければなりません。その際には、赤血球数とヘマトクリット値から平均赤血球容積(MCV)を求め、貧血が小球性、正球性、大球性貧血のいずれに属するかを決定したのち、さらに必要な検査を選択していくのが能率的です。

 

-三鷹市医師会小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

086.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ