飛蚊症

飛蚊症

春の光の中でうとうとするのは、ほんとうに気持ちのいいものですね。三鷹・武蔵野みなさまお変わりありませんか。さて、今回は「飛蚊症」です。

 

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、視界に黒い虫のようなものが入る目の病気です。黒い虫のようなものの見え方は球状・浮き輪状・紐状と人によって様々ですが、蚊が視界を追って飛んでくるように見えることから飛蚊症と呼ばれています。

 

飛蚊症の原因は、目の中にある硝子体と呼ばれるゲル状物質に、グリア組織・血液凝固塊・硝子体線維が変性硬化したものなどが発生することです。その硝子体内の異物が網膜に影を写し、視野には黒い点となって見えるという仕組みです。

 

加齢により硝子体が萎縮し、硝子体と網膜が離れてしまい、その部分が影となって飛蚊症を生じることもあります。まれに胎児のときにあった硝子体内部の血管がそのまま残ってしまい、生まれつき飛蚊症がある方もいます。

 

通常飛蚊症はそのまま様子を見ても問題がないことが多く、治療を行わないことが大半です。どうしても気になる場合には自由診療にてレーザー治療をすることにより、症状の改善・軽減が可能です。

 

ただし飛蚊症は網膜剥離や硝子体出血など、大きな病気の前触れの可能性があります。急に黒い点の数が増えた・大きくなった、視力の急激な低下や視野の欠損などがあれば、すぐに眼科で相談するようにしましょう。

 

-小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

飛蚊症

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ