ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

虫の音に、秋の深まりを感じるころとなりました。さて、今回は「ヒアルロン酸」です。

 

N-アセチル・グルコサミンとグルクロン酸が交互に鎖状に結合した酸性ムコ多糖質で、分子量は20~40万、硝子体、関節液、臍帯、漿膜内被腫などにありますが、皮膚などの結合組織にもコンドロイチン硫酸とともに存在している親水性の粘稠な物質です。

 

自然の状態ではタンパクと結合してゲル状になっているだろうと思われます。粘滑剤として、あるいは組織の水分代謝や構造の維持に役立っており、あるいは細菌の侵入に対して防御的な役割を演じていると思われます。ヒアルロニダーゼによって分解されます。

 

-三鷹市医師会小島内科クリニック医学豆知識でした-

059.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ