温度覚

温度覚

まもなく七夕☆彡ですね。 星空はのぞめるでしょうか。 三鷹・武蔵野のみなさまお変わりありませんか。さて、今回は「温度覚」です。

 

温度角には温覚と冷覚とがあります。温冷を感ずるのは皮膚の全部と粘膜の一部(口腔、鼻腔、咽頭、結膜、肛門、尿道口など)であって体内は温度に無感覚です。温覚と冷覚は感覚受容器が別です。それは皮膚の各点に温または令刺激を与えて感ずる点(温点または冷点)をしらべるとわかります。1㎠ 内の温点は、平均0 ~ 3個、冷点6 ~ 23個の割合です。結膜、角膜縁、陰茎亀頭には冷覚のみあって温覚はありません。これらの温・冷点の刺激となるのはそれぞれ温度の上昇、または下降であって温度それ自身ではありません。温度覚は適応が著しく16 ~ 40℃の範囲では刺激がつづいても約3秒余りでほとんど感じなくなります。温・冷覚ともにその刺激が過大であると痛覚が起こります。痛点が刺激されるためです。

 

-小島内科クリニック医学豆知識でした-

013.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。