老人性変化

老人性変化

新緑がすがすがしい季節となりましたが、みなさまいかがお過ごしですか。さて、今回は「老人性変化」です。

 

老化とともに身体諸機能は変化し、その外見上も多くの変化を示します。老人性変化としては主としてこのような外観上の変化を意味することが多いのですが、脊柱の弯曲、身長の短縮など全身の計測上の変化、皮膚の弾力性の低下によるシワの増加、それに伴って起こる顔貌の変化は目立った変化です。

 

毛髪は白髪が多くなり男性では脱毛がしばしばみられます。皮膚には色素班が多くなり、血管の怒張も透見されることが多くなります。水晶体の変化としては白内障がみられ、歯牙は次第に脱落し、耳は聴力の低下が進行します。

 

機能的変化としては呼吸機能の変化、肺活量の低下と残気量の上昇を示します。一般に機能の予備能が低下して、平常の状態では支障なく働くが負荷に対する反応が十分でなく、また反応速度が遅く、また回復が遅れます。神経の反応速度、単純反応時間が遅くなることも老人性変化の特色です。老人性変化は一般に不可逆的であるとともに、個体差が強い場合が多いです。

 

-三鷹市医師会小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

158.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。