凍瘡《しもやけ》

凍瘡《しもやけ》

やわらかな春の日ざしが心地よい季節を迎えました。みなさまお元気でお過ごしですか。さて、今回は「凍瘡《しもやけ》」です。 

 

異常な寒冷に接触して万人に発生する凍傷と異なり、冬季日常生活において5~10℃の比較的低温環境にあって発現するいわゆるしもやけを凍瘡と言います。

 

これに2型あり、幼少児期には手、指、足、趾などがび漫性に紫藍色を呈して腫脹する型が多く、青年以上には多形滲出性紅班 類似の小紅班が発現する型が多いです。

 

学童で罹る児と罹らぬ児とがあり個人的素質が重視されます。マッサージ、ピロカルビン軟膏、レシチン軟膏、ビタミンE、その他、末梢血管拡張薬投与などが奨用されます。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

133.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ