尿意頻数《頻尿》

尿意頻数《頻尿》

松の内も過ぎ、ようやく普段の暮らしが戻ってきました。みなさまいかがお過ごしですか。さて、今回は「尿意頻数」です。  

 

健康者では一昼夜の排尿回数は5~6回、多くも10回ぐらいで、夜間睡眠中には0~1回です。この回数が増加すると尿意頻数といいます。

 

1)多尿症(1日の尿量が増加)、2)膀胱容量の減少(膀胱周囲からの圧迫、瘢痕性萎縮、膀胱腫瘍などによる)、3)膀胱刺激状態(膀胱あるいは後部尿道の炎症、結石などによる)、4)神経性頻尿(神経質、神経衰弱などの際、この場合は熟睡中は排尿しないことが多い)、5)膀胱よりの尿排出障害(この際は1回の排尿量が少なく常に残尿があるためしばしば尿を催す)

 

などに分けることができます。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

117.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。