悪寒 《さむけ》

悪寒 《さむけ》

今年のカレンダーも、とうとう残り1枚となってしまいました。みなさまお元気でお過ごしですか。
さて、今回は「悪寒」です。

体温の急激な上昇とともに皮膚の血管が収縮し、熱放散が妨げられるために起こるもので、患者は非常な寒さを感じ、毛孔の閉鎖のためにいわゆる皮膚に粟粒を生じ、四肢の振戦を起こします。

 

原因は細菌感染により、あるいは限局的に激しい炎症を起こし、あるいはその代謝産物の吸収によって一般新陳代謝の異常亢進を起こし、また細菌の直接血中への侵入およびその繁殖により急激に体温の上昇を起こしたためによります。

 

急性伝染病の初期、腎盂炎、胆石症、マラリア発作時などに起こることが多いです。

 

-小島内科クリニック医学豆知識でした-

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ