多汗症

多汗症

夏本番を迎えますが、三鷹の皆様お変わりなくお過ごしですか。さて、今回は「多汗症」です。

 

発汗異常のうち、汗の分泌が過多の場合で、汎発性と局所性の2型に分かれます。

 

汎発性多汗症は生理的に運動時、高温環境下で肥満体に起こるほかバセドウ病、寝汗、急性熱性伝染病、ショックに際し、ときに合成副腎皮質ホルモンなどの副作用としてみられます。

 

局所性多汗症はおもに精神性発汗で対側性に、顔面、腋窩、外陰、手掌・足底などにみられます。

 

また脳溢血、脊髄空洞症、脊髄癆、交感神経障害などによって、全身または顔に片側性に多汗を見ることがあり、片側性多汗症と呼ばれます。

 

治療は局所をホルマリンアルコールで清拭し、滑石末にウロトロピン末などを混じて散布するか、発汗抑制薬、精神安定薬の投与が試みられます。

 

-小島内科クリニック医学豆知識でした-

P8200129.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。