つわり

つわり

三鷹・武蔵野のみなさん、お変わりありませんか。

今回は、内科より産婦人科に関係の深い「つわり」についてです。

 

妊娠2~3ヶ月、ときにはもっと早朝から現れる症状で、程度の差はありますが、大多数の妊婦にみられるもので、この現象は正常なものとされています。
しかし、このつわりの状態が高じて嘔吐はなはだしく、食事がとれないため栄養障害をきたす場合は妊娠悪阻と呼び治療が必要です。
つわりの症状としては1)食欲不振、2)流涎、3)悪心、4)嘔吐、5)嗜好の変化などがみられます。これらは特に早朝空腹時に現れるので、早朝嘔吐と呼ばれます。つわりの原因は明らかではありませんが、絨毛組織から排泄される中間代謝産物によると考えられています。一般には胎盤が完成期に入る妊娠4ヶ月に入れば軽度になり、4ヶ月末にはほとんど消滅します。
妊娠嘔吐の特殊療法はありませんが、つわりは原因的に考えるとその悪心、嘔吐などの症状によって妊婦が安静を保ち、不安定な妊娠初期の妊卵を保護するための自然の摂理ともいえます。

 

-小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

P8190093.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ