肩こり

肩こり

三鷹のみなさん寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか。   
内科外来はインフルエンザで大変です。
さて、今回は「肩こり」についてです。

 

肩こりに僧帽筋、半棘筋部に主として「張る」ような不快感があり、また同時に筋の硬度を増して、これをつかむか、もむようにすると快くなるものの総称です。

 

したがってこれらの筋の緊張をつづけるような姿勢たとえば上腕を体幹から離した位置で作業をつづけるときに起こりやすいし、また筋自身の病変、結合組織炎などでも起こる。またさらに、肩関節の周囲炎や頸椎の変形性関節症などでも、二次的に起こります。

 

治療としては、その原因を確かめることが第一、筋自身の病変か疲労かを識別して、薬剤投与、頸椎牽引などの理学療法を行ないます。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

P8190085.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ