嚥(えん)下《飲み込み》

  1. TOP
  2. 内科
  3. 消化器疾患
  4. 嚥(えん)下《飲み込み》
豆知識記事一覧

嚥(えん)下《飲み込み》

三鷹、武蔵野地区のみなさん、いかがお過ごしですか。
内科外来にはインフルエンザの患者さんが増えてきました。みなさんも気を付けて下さい。
さて、今回は「嚥下」についてです。

 

食物や飲み物が口腔から咽頭へ送られて、さらに咽頭から食道を下って胃に至ることをいいます。

 

食物が咽頭の粘膜に触れると反射的に「飲み込み」運動(嚥下)が起こりますが、このとき食物が気管の方へ入らないように口蓋帆があがって鼻腔への通路をふさぐとともに咽頭があがって舌骨に近づき、咽頭蓋は舌骨に押されて咽頭の入口を閉ざします。

 

そして咽頭口部の内圧が高まり、他方、咽頭咽頭部の圧は下がるので食物は下がり、ついで食道に蠕動(ぜんどう)が起こって食物は胃へ送られます。嚥下に際しては呼吸が一時反射的に止まります。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

P8190054.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ