雪盲《雪眼炎、ゆきめ》

雪盲《雪眼炎、ゆきめ》

今回は雪の少ない三鷹ではあまり経験しませんが、雪盲についてです。

 

氷河カタルともいわれます。紫外線の作用によって起こる眼炎で、太陽に照らされた雪原を長時間見ているときに起き(ゆきめ)とも言われています。

 

電気花火、太陽灯を見た後にも起こります。結膜の一部が充血して、角膜にも薄い濁りを生じ、激しい痛みや違和感、流涙、眼痙攣などのため眼が開けなくなります。

 

紫外線にさらされると6~8時間後に起こり、一昼夜ぐらいで自然に治ります。処置としては眼帯をして光をさえぎり冷または温電法を行なったり、重症例には副腎皮質ホルモンの点眼が行われます。予防策として保護眼鏡をするとよいでしょう。

 

今回は内科ではなく眼科系の話でしたが、次はどんなタイトルにしましょうか。

 

– 三鷹市医師会小島内科クリニック医学豆知識でした –

 

P8190032.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ