外反母趾《母趾外反症》

  1. TOP
  2. その他の診療科目
  3. 関節
  4. 外反母趾《母趾外反症》
豆知識記事一覧

外反母趾《母趾外反症》

母趾が中足指関節で小趾側に外転する状態をいい、日本人には比較的少ないが欧米人に多い。

 

原因として必ずしも先端の尖った靴の使用によるものでなく、常に外反足を伴って母趾外転筋が過度に伸長されるため足底方向に転位する。

 

したがって内方に突出した第一中足骨骨頭は、靴のために圧迫摩擦されて、粘液糞や仮骨の形成をみることがある。

 

治療としては矯正用装具を用いるが、観血的に第一中足骨骨頭の突隆した骨部を切除する。(Mayo法、Keller法などがある)。

 

300.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ