紫外線

紫外線

紫外線とは、波長が100mmから400mmの間の不可視光線であってスペクトルの紫色光線の外にある。

 

これは化学作用が著しいため化学線とも称されるものでたとえば写真の乾板を黒変させたり、一酸化炭素COと塩素Clの混合物に紫外線を照射すると毒ガスのホスゲンとなる。

 

紫外線は、天然には太陽の光線の中にも約1%含有され、生物に対しても光化学作用を呈するから、人類や動植物の生活にも必要な光線である。

 

紫外線.png

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。