元気のしおり

  1. TOP
  2. 元気のしおり
  3. サプリメント

2016.03.28

食事

サプリメント

こんにちは、クマです。
三鷹近辺のサクラの蕾がふくらみはじめましたね~
見頃はあと数日でしょうかさくら_m.gif

 

さて、今回はサプリのお話です。
ドラッグストアに行くと、多種多様なサプリメントが棚を占めています。
いまや一大産業ですね。
あまりに多いので、今回は美容に関する成分について調べてみました。

 

コラーゲン:皮膚や骨に含まれるタンパク質の一種で、加齢とともに減少するため肌のハリや骨の強度が弱くなります。動物(豚)由来と魚由来のものがあり、魚由来のほうが吸収が良いようです。

 

ヒアルロン酸:眼球、関節、皮膚などに含まれる保水力の高い物質。分子が大きいため肌につけても浸透はしませんが乾燥を防いでくれます。飲んでもあまり吸収されません。最も効果があるのは注射だと言われ美容外科、また整形外科では関節の痛みの治療で行われています。

 

プラセンタ:市販されているのは豚、馬由来の胎盤ですね。プラセンタは胎盤のことなので、”プラセンタ”という単体の成分ではなくアミノ酸、ビタミン、酵素など様々な栄養素が含まれているエキスを指します。美肌、美白に効果を発揮してコラーゲンの生成も助けます。ヒト由来のものは肝臓病や更年期障害など医療用でのみ使われています。また、赤十字社によるとプラセンタ注射をしている人は献血ができません、とのことです。

 

コエンザイムQ10:ユビキノンとも呼ばれる物質で、抗酸化力があるためアンチエイジングに役立つとされています。青魚やレバーなどに多く含まれます。ワーファリンを服用している人は効果を弱めてしまうので注意が必要です。

 

アスタキサンチン:色素の一種で体内では生成されません。抗酸化力に優れているのでこれもアンチエイジング効果が謳われています。また筋肉の疲労回復や眼精疲労の回復にも一役買っています。サケやエビなどに見られる赤みの成分ですが、これらはアスタキサンチンを含むエサを食べ、それが蓄積したものが赤く見えているというわけです。

 

ざっと挙げてみましたが、う~ん・・・なんとも奥が深い世界。。。
既存の成分でも新たな効能が付け加えられると、その効果に関しての新たな研究も必要となります。
次々と新しい成分が注目されていますが、宣伝に惑わされず自分で見極めないと散在してしまいそうですねくま驚愕gif

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。