元気のしおり

  1. TOP
  2. 元気のしおり
  3. 爪の健康

2015.06.29

体調管理

爪の健康

こんにちはクマです。梅雨に入りましたね~梅雨もじ.gif
湿気で息苦しい今日この頃、いかがお過ごしですか?

 

サンダル履きや裸足で過ごすことの多い季節になりました。
そこで目につくのが”爪”です。
普段あまり気にならない部位ではありますが、見た目の変化で病気がみつかることがあります。

 

まずは『爪水虫』です。
爪の色が濁ったり、もろくなってきたりすると白癬菌が入り込んだ爪水虫の可能性があります。
完治するまで時間がかかりますし、判定も難しいところなので、市販薬を買うまえに一度、専門の皮膚科を受診したほうがいいでしょう。
『巻き爪』は、幅の窮屈な靴を履き続けたり、ほとんど寝たきりであまり歩かない生活をしていると起こりやすいようです。
爪は、呼吸はしていませんが水分を蒸発させています。
そのため乾燥していたり、除光液を使いすぎたりすると荒れて二枚爪になることがあります。
荒れがひどいときはオイルなどを塗布したり、ネイルカラーを塗る際は先にベースコートをぬっておくとよいでしょうビューティーだよ。ネイルだよ。マニキュア_m.gif
爪にタテの筋が入っているのは老化現象の一種だそうですよ汗gif
また、爪があることで指先やつま先の皮膚を保護するという役割があります。
なので深爪をしてしまうと指先の皮膚が荒れやすくなるので、注意しましょう。

 

それでは、今年も水分補給に気を付けて快適に夏を過ごしましょう~太陽.gif

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ