元気のしおり

2014.05.26

循環器科

基準値

こんにちは、クマです。
先ごろ、人間ドック学会による血圧、血液検査値の基準値変更に関する記事が出ました。
血液検査では、肝機能や脂質についても書かれていましたが、ここでは当院が特に力を入れて治療にあたっている血圧についてお話したいと思います。

 

これまで、血圧の基準値は当院も採用している日本高血圧学会、及びWHO(世界保健機構)の収縮期140mmHg/拡張期90mmHg以上を高血圧としてきました。
4月の人間ドック学会の発表では147mmHg/94mmHgまでが基準範囲となっているので、この基準と照らし合わせると収縮期140~147mmHg、拡張期90~94mmHgの方は高血圧ではなくなることになります。

 

そこで、人間ドック学会が後日発表した内容を一部引用すると、「現在のデータは単年度の結果であり、今後数年間さらにデータ追跡調査をして結論を出していくことになります。」
とあり、今回のデータをすぐに採用するものではないようです。
これに対し、日本高血圧学会では人間ドック学会のいう正常血圧の中には「要再検査、要治療」が含まれていることを踏まえ、従来通りの基準値を採用していくとの見解です。
また「正常血圧」とひとことで言っても、加齢を考慮して多少緩めになったり、他の病気(糖尿病、腎臓病など)がある場合は厳しく管理する、と必ずしもその基準値範囲でないということです。

 

当院では引き続き日本高血圧学会の定めた基準値を指標に治療にあたっていきたいと考えています。

しかし・・・いろんな学会があるものですね。

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ