元気のしおり

2014.03.24

体調管理

スギ

先月の寒さのせいでサクラの開花に影響が出るかな?と思いましたが例年通り、来週末から見頃を迎えるようですさくら_m.gifさくら_m.gifさくら_m.gif
スギ花粉と戦いながらのお花見。
クマです。こんにちは。

 

最近、アレルギー薬の宣伝をよく見るようになりました。
これは以前、処方箋がないと買えなかった薬が市販されるようになったためです。
花粉シーズン前から予防策として飲み始めるタイプや、即効性のあるタイプなど様々。
ただし、薬の分類によっては薬剤師さんの説明が義務づけられているものもあります。
副作用もまちまちで、もちろん個人差もありますね。
ひとくちに花粉アレルギーと言っても、スギ,ヒノキ,イネ,ブタクサ・・・と一年中通してあります。
一度、医療機関でアレルギー検査をしておくと、予防として飲み始める時期もわかります。

 

寝ているときにクシャミが止まらなくなったりしませんか?☆風邪☆_m.gif
お布団を干した時に花粉が付着している可能性があります。取り込むときに十分にはたいて、さらに粘着テープでコロコロするといいでしょう。
また、朝起きたときクシャミ連発することはありませんか?
これは「モーニングアタック」と呼ばれるものです。
理由として考えられるのは、
空気中の花粉や埃が夜、静かに寝ているときに床に落ち、朝起きて動き始めるとそれが舞いあがるため、
自律神経のバランスが一時的に崩れて敏感になってしまうため,などが考えられます。

先月の大雪、そして今月はスギ花粉がピーク。
住みよい生活を享受しつつ「あ~やっぱり自然には勝てないわ~」と感じるクマでしたくま_mguttari.gif

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ