元気のしおり

  1. TOP
  2. 元気のしおり
  3. 甲状腺ホルモン

2014.01.27

その他

甲状腺ホルモン

こんにちは、クマです。
最近、食べ物の話ばかりだったので今回は医学のお話をしたいと思います。
「甲状腺」についてです。

 

甲状腺は、首にある器官で甲状腺ホルモンを分泌し、このホルモンは食べ物に含まれるヨウ素(ヨード)から作られます。
甲状腺ホルモンには、体の成長を促し、代謝の調整をするとても重要な働きがありますが多くても少なくてもいけません。
過剰に分泌される場合「甲状腺機能亢進症」(別名:バセドウ病)といって、動悸,発汗,眼球突出などの症状が現れます。
反対に少ない場合「甲状腺機能低下症」といって、眠気,低体温,むくみ,疲れやすいなどの症状があげられます。
甲状腺ホルモンの分泌異常は、女性に多い病気ですが男性にも見られます。
前述したように、ヨウ素から作られますが日常で摂る食材中に含まれているので、通常は特に気に掛ける必要はありません。
ですが、甲状腺機能亢進症の場合はヨウ素を多く含む海藻類やヨード系のうがい薬は避ける必要があります。

 

甲状腺の病気は、治療が長期にわたるため気長に構えて上手に付き合うのがいいでしょう。
ちなみに、甲状腺ホルモン値は血液検査で分かりますので、何か気がかりな症状がある方は一度医師に相談してみてもいいでしょう。

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ