元気のしおり

2012.10.01

体調管理

唾液

こんにちは、クマです。
今回はふだん気にすることはほとんどない、唾液に関するお話です。

 

通常、口の中を湿らせている唾液は一日に約1リットルも出ています。
物を食べているときに出る唾液はアルカリ性で、そうでないときに出ているのは中性~弱酸性です。
同じではないんですねえ。
食事時に分泌される唾液には、味覚を助ける作用や殺菌作用のある成分がより多く含まれます。
高齢者では分泌量が減るため、味覚に変化があったり咀嚼もうまくいかないことがあるのはこのためです。殺菌作用も低下するので口臭の原因にもなります。
また、高齢でなくても口の渇き(口渇=こうかつ)がある場合は、シェーグレン症候群や糖尿病なども疑われますので、一度医師にご相談されてもいいでしょう。

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ