元気のしおり

2012.08.13

体調管理

発汗

こんにちは、クマです。
「暑いときは辛いもので汗をかこう!」とよく言われたものですが、
昨今の暑さは何もしなくても汗が滴ってきます。
そこで、今回は”汗”のお話です。

 

汗が出るきっかけはいくつかあります。
まずはもちろん、暑いときですね。
そして、辛いものや酸っぱいものを口にしたとき。
また、精神的に興奮した状態になると手や腋、足の裏に汗をかきやすくなります。
何かに集中して頭を使っている時は汗が出にくくなり、
起きている時より寝ている時のほうが出やすくなります。
このとき、右下にして寝ていると、そのぶん左側に汗をかきやすくなるようです。
大量に汗をかくと”あせも”ができてしまいますが、
これは、汗が汗腺から流出せずに皮膚の下に溜まってしまい炎症が起きたものです。

 

外出先では汗拭き用のハンカチなどで首回りの汗をぬぐい、
手洗いのときは手だけでなく肘のほうまで洗い流すと、
清涼感もアップしますよ。

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ