元気のしおり

  1. TOP
  2. 元気のしおり
  3. 琥珀色の眠気覚まし

2012.07.30

食事

琥珀色の眠気覚まし

起きてますか~?眠いですか~?
クマです。

 

どうにも眠いときの対策としてコーヒーを飲まれる方も多いのではないでしょうか。
そこで、カフェインについて色々調べて見ました。
が・・・・関連資料の多いこと!!
要約すると、眠気冷まし、消化促進、血行促進、利尿作用、片頭痛軽減・・・etc
コーヒーは1日に1~3杯が適量ということです。

 

豆自体のカフェイン量は、お茶などと比べると、さほど高くないようですが、
抽出すると緑茶や紅茶よりもやや多くなるようです。

 

また、焙煎の度合いによっても変わり、深煎りよりも浅煎りのほうがカフェインは多いようです。
深くなるほどその成分が壊れてしまうんですね。
アメリカ人が好む”アメリカンコーヒー”は浅煎りが一般的です。
ですが、日本のお店のメニューにある”アメリカン”はエスプレッソやブレンドコーヒーに
お湯を足した場合が多いようなので、ちょっと違ってきますね。

また、アイスコーヒーよりホットコーヒーのほうが効果が現れるのが早いようです。
持続時間は資料によってさまざまですが、
夕食時に飲むと就寝時間まで効果が持続しているようなので、
寝つきのよくない方は夕方以降は控えたほうがよさそうですね。

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。

ホームページの内容はこちらをタップ