元気のしおり

  1. TOP
  2. 元気のしおり
  3. インフルエンザ予防接種(2)

2011.10.31

予防接種

インフルエンザ予防接種(2)

インフルエンザのお話第2弾です。

 

冬の気温・乾燥という条件がこのウィルスが活発になる理由ですので、
実は、夏でもまれにかかる方はいらっしゃいます。
ただ、空気感染するものなので、やはり圧倒的に冬のほうが流行しますね。
このワクチンは「不活化ワクチン」と呼ばれる、死んだウィルスからワクチンに必要な部分を取り出したもので、これを接種すると体内で抗体が作られます。
この抗体ができるまで時間がかかるので、流行する前に早めの接種が勧められているのです。
ワクチンを打っても、インフルエンザにかからないというものではありませんが、
万一感染した場合に症状が軽く済む傾向があります。
のどの痛みや、くしゃみ・鼻水、悪寒など、そして39℃以上の高熱が出た場合、インフルエンザが疑われます。
予防には毎年言われているとおり、マスクの着用や手洗い・うがいが有効です。
もし、疑わしい症状が出たときは速やかに受診されたほうがいいでしょう。
「これくらい大丈夫。まだ平気。」と頑張っていると、周りに広がってしまいますからね。

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。