激情痙攣《泣き入りひきつけ》

  1. TOP
  2. 内科
  3. 呼吸器疾患
  4. 激情痙攣《泣き入りひきつけ》
豆知識記事一覧

激情痙攣《泣き入りひきつけ》

今年こそ余裕をもって大晦日を迎えたいと、少しずつ掃除を進めています。みなさまいかがお過ごしですか。さて、今回は「激情痙攣」です。

 

6~12ヵ月から3才前後の乳幼児にみられる呼吸停止発作です。欲求不満を原因の一つとして重視する人もあるが、多くは原因不明です。

 

副交感神経の緊張亢進があるともいわれます。発作は多くの場合はげしく泣いたとき数秒~10数秒、急に呼気の状態のまま呼吸を止めることで始まります。四肢は強直状態となり、チアノーゼがみられます。

 

一時的な意識喪失、痙攣がみられることもあります。これは呼吸停止による無酸素性の障害と考えられます。神経学的には異常所見はなく、脳波も正常です(ただし発作中には高圧徐波がみられる)。診断にはいろいろな痙攣性疾患、心疾患の除外が必要です。

 

治療には心因を重視する立場からは両親へのカウンセリングに重点をおきます。過保護にならないように注意します。発作そのものに対しては特別の治療は不要のことが多いです。多くは学童期までには自然に起こらなくなります。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

189.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市・武蔵野市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。