熱性痙攣

熱性痙攣

お盆を過ぎると、とたんに秋の足音が聞こえてくるような気がします。みなさまいかがお過ごしですか。さて、今回は「熱性痙攣」です

 

発熱に伴って出現する小児期特有の全身痙攣ですが、発熱後比較的短時間のうちに起こること、全身性の痙攣であること、痙攣以外に髄膜刺激症状、その他の脳症状を認めないこと、髄液所見は正常のこと、痙攣後に麻痺、その他の脳性後遺症を認めないことなどが大切です。

 

発症は大体6ヵ月以後で、1~2才に最も多くみられます。熱性痙攣の原因の大部分は気道感染症であり、高熱の場合に出現しやすく、かなりに家族性です。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

132.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。