膀胱痙攣

膀胱痙攣

朝夕はいくぶん過ごしやすくなってまいりました。三鷹・武蔵野みなさまお変わりありませんか。さて、今回は「膀胱痙攣」です。

 

膀胱が炎症などのために刺激に対して敏感になっている状態のときに冷水を注入したり、膀胱容量一杯に液体を注入したりすると、またはそういうことをしなくても、自然に膀胱壁の筋肉が痙攣を起こして収縮し、内容物をすべて圧出するとともに激しい疼痛を起こすことがあります。これを膀胱痙攣といいます。

 

膀胱周囲炎の高度のときには、この痙攣が1日に何度も起こり患者ははなはだ苦しむことがあります。原病を治すことが、この発作を防ぐことになります。

-小島内科クリニック医学豆知識でした-

131.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。