腹 痛

腹 痛

一段と暖かくなり、日中は汗ばむほどの陽気になってきました。みなさまお元気でお過ごしですか。さて、今回は「腹痛」です。

 

腹痛は腹部臓器を支配する神経系により、体性痛、内臓痛、関連痛あるいは放散痛の3つに大別されます。体性神経は脊髄神経の末梢神経で腹膜・腸間膜・横隔膜などにその終末枝を分布しています。

 

内臓神経は腹部血管外壁・胃・十二指腸・小腸・結腸・胆嚢・膵臓などに分布する求心性知覚線維を含んでおり、それら管腔臓器の収縮、拡張、牽引などの刺激を伝達します。

 

体性痛・内臓痛はいずれも激痛の場合は局在性に乏しく腹部全体に広がるのですが、しいていえば、体性痛はより激しく、内臓痛は断続的で軽度のことが多くみられます。体性痛・内臓痛を起こす刺激が同一の高さの脊髄節領域へ反射して感ぜられるのが関連痛あるいは放散痛です。

 

腹痛は内臓疾患の最も重要な徴候であり、痛みの発生部位、性状、さらに誘因などベッドサイド的事項が診断の有力な手がかりを与えてくれるので、医師にとってはこれを正確に把握することが重要です。

 

-三鷹市医師会小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

079.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。