副交感神経

副交感神経

すっかり暖かくなり、春たけなわのころとなりました。みなさまお元気でお過ごしですか。さて、今回は「副交感神経」です。

 

自律神経系を交感と副交感の2つに分けます。そのうち副交感神経は脳神経の一部(動眼、顔面、舌咽、迷走の諸神経)に含まれて脳を出て、末梢の諸器官に達します。その中でも迷走神経に含まれるものは遠く腹腔の内臓にまで及んでいます。

 

また骨盤内臓にいたる副交感神経は脊髄の下部の仙髄から発して、骨盤神経を呼ばれます。その他に呉(建)の研究によれば、脊髄の頸部、胸部、腰部よりも後根を経て副交感線維が出ているといいます、副交感神経と交感神経はその作用が互いに拮抗的です。

 

たとえば心臓の働きは副交感神経の興奮では抑制され、交換神経によって促進されます。血管は前者によって拡張され、後者によって収縮します。腸の運動は前者によって強まり、後者によって弱くなります。また交換神経はアドレナリンと緊密な関係を有するのに対して、副交感神経は同様な関係がアセチルコリンとの間にあります。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

074.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。