鉄欠乏貧血

鉄欠乏貧血

あたたかい春の日ざしが心地よい季節となりました。みなさまお元気でお過ごしですか。さて、今回は「鉄欠乏貧血」です。  

 

鉄欠乏が原因と考えられる貧血で、貧血の型としては、低色素性小血球性を呈します。色素指数の著明な低下が特徴であるが、これは赤血球の小形化と赤血球内血色素濃度の低下の両者に基づく、本態性低色素性貧血、慢性出血性貧血などが含まれます。本態性低色素性貧血はほとんど青年期以降の女性にみられます。

 

症状は貧血のほか舌粘膜萎縮、爪甲変化などをきたし、胃液には低酸ないし無酸の場合が多く、血液では白血球数も減少に傾きます。骨髄には細胞数が多く、増加赤芽球の中では、青染性のものが多く、鉄不足による成熟抑制像を呈します。

 

また血清鉄の著明な低下がみられ、血清の鉄結合能が増加しています。これらの貧血はいずれも鉄療法に敏感に反応し、回復します。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

157.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。