言語リズム障害

言語リズム障害

夜、寒さが身にしみる季節となりましたが、三鷹・武蔵野のみなさまお元気ですか。
さて、今回は「言語リズム障害」です。

 

ことばの流暢さの障害であって、以下のような症状を示します。

 

一定の話文を話すのに時間がかかりすぎたり、反対に短かすぎたり(早口症)します。

 

またとぎれとぎれだったり、ことばの初めや途中で口ごもって音を発するのに長時間を要したり、音、音節、語を何回もくり返したり、または引き延ばしたりしますが、これらはどもりの症状として典型的にみられます。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

023.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。