日光療法

日光療法

食欲の秋、読書の秋、容姿が気になる季節となりました。みなさまお元気ですか。
さて、今回は「日光療法」です。  

 

太陽から放射する光線、すなわち紫外線や、可視光線、赤外線などを、治療の目的に応用する療法です。

 

この日光療法の場合には、波長の短い化学作用の強い紫外線と、波長の長い可視光線や赤外線などが生体に総合的に作用します。

 

しかし、日光の総エネルギーのうちその約59%が赤外線であり、40%は可視光線であって、紫外線はわずか1%にすぎません。この日光療法は一般に戸外で行なうか、またはサナトリウムや病院においてはバルコニーや屋上または紫外線をよく透視する特殊ガラスを張った日光浴室で行なわれます。

 

日光療法の適応症は関節結核または骨結核などの外科的結核、リンパ節結核、皮膚結核、くる病、慢性関節リウマチなどです。

 

-内科・循環器科 小島内科クリニック医学豆知識でした-

 

015.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。