デング熱

デング熱

虫の音にも秋の深まりを感じる季節となりました。三鷹・武蔵野の皆様お変わりありませんか。さて、今回は「デング熱」です。  

 

ウイルスに起因する伝染病疾患で、主として熱帯地方に発生し、人に固有の疾病です。しばしば夏季に発生し、大流行をきたすことがあります。

 

4~8日の潜伏期を経て、急激に発熱し、結膜充血、関節および筋肉痛、白血球減少などの症状を示します。多くは7~10日後には回復し、死亡することはまれです。AshburnおよびCraigはフィリピンにおいて、本病がカによって伝播されるある種のウイルスに起因するものであることを明らかにしましたが、第二次大戦後のSabinらの研究によってデング熱ウイルスには免疫学的に4型あることが判明しました。

 

本病ウイルスを媒介するカとしてはネッタイシマカ、およびヒトスジシマカが知られています。本病羅患後は免疫を残しますが、持続は比較的短期間です。

 

-小島内科クリニック医学豆知識でした-

P8200169.JPG

- 南山堂 医学大辞典より -

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。