呼吸器疾患

  1. TOP
  2. 内科
  3. 呼吸器疾患
豆知識記事一覧

 

「呼吸器」という名称から肺だけが対象に見えますが、呼吸に関わる鼻(鼻孔、鼻腔)、口(口腔)、咽頭、喉頭、気管、気管支、肺、胸郭(胸膜、胸壁、横隔膜)なども呼吸器にあたります。このように複数の臓器や器官で構成されるため、呼吸器疾患には様々な病気が含まれます。

主な病気としては肺結核、壊疽性気管支炎、気管支拡張症、肺壊疽、肺腫瘍、気管支喘息COPD(閉塞性肺疾患)、睡眠時無呼吸症候群、過換気症候群、肺炎などがありますが、主な共通点としては、咳や痰、呼吸困難、胸痛、呼吸をするたびに「ゼーゼー、ヒューヒュー」という音がする喘鳴などの症状が起きるほか、発熱や胸痛、血痰、いびき (睡眠時の無呼吸)などの症状が起こります。症状が長く続く場合は、呼吸器科を受診しましょう。

 

記事一覧

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市・武蔵野市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。