生活習慣病

  1. TOP
  2. 内科
  3. 生活習慣病
豆知識記事一覧

 

名前のとおり、「生活習慣が原因で発症する疾患」のことを生活習慣病といいます。

偏った食事や過度のアルコール摂取、運動不足、喫煙、ストレス過多など、日頃の好ましくない習慣や環境が積み重なることで発症するリスクが高まる病気です。

生活習慣病の主なものとしては、動脈硬化高血圧、悪性腫瘍、糖尿病、肺気腫、骨の退行性変化などがあります。その中の代表格ともいえる糖尿病の患者数は年々増え、予備軍を含めると2,210万人ともいわれています。しかし、これら生活習慣病は自覚症状に乏しく、気づかないうちに進行しては脳や心臓、血管に悪影響を与え、突然命に関わる疾患を引き起こすこともあります。

高血圧糖尿病脂質異常症などの診断をされた方は日常から健康を意識した食事を心掛けたり、適度な運動を行うなど、生活習慣を見直し、早期治療に努めることが必要です。

また、健康診断でも生活習慣病 (予防) 健診を受けることもできますので、早期発見で生活改善につなげるためにも、受診をおすすめします。

 

記事一覧

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市・武蔵野市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。