高脂血症/脂質異常症

  1. TOP
  2. 内科
  3. 高脂血症/脂質異常症
豆知識記事一覧

 

脂質異常症(高脂血症)は生活習慣病(成人病)のひとつです。

通常脂質は、血液中に一定量で保たれるように調整されますが、「悪玉コレステロール」と呼ばれるLDLコレステロールが増える、「善玉コレステロール」と呼ばれるHDLコレステロールが極端に少なくなる、トリグリセライド(中性脂肪)が増えるなど、血液中の脂肪分濃度が異常値を示した症状を高脂血症/脂質異常症といいます。

これらの原因の背景とされているものには、生活面と遺伝子的要因の二つが挙げられます。

まず、生活面では、過食・肥満・喫煙・アルコールの飲みすぎ・運動不足の他、ストレスなども関係しているといわれ、特に、おなかの中に脂肪が蓄積される「内臓脂肪型肥満」の方は、LDLコレステロールや中性脂肪が多く、HDLコレステロールが少なくなる傾向があります。

もう一つの遺伝子的要因は、「家族性高コレステロール血症」と呼ばれているものがあります。こちらは、生活面のタイプと比較してLDLコレステロール値が極端に高く、動脈硬化が進行しやすいことが分かっています。血のつながったご家族に脂質異常症心筋梗塞を起こした方がいる場合は、ご自分のLDLコレステロール値を確認しておくことをおすすめします。

治療しないままにした場合は、全身の動脈硬化が進み、心臓や脳などの血液の流れが悪くなり、狭心症心筋梗塞、脳梗塞や脳卒中などの深刻な病気が引き起こされますので、しっかりと治療していく必要があります。

治療方法としては、食事や運動を含んだライフスタイルの改善を行い、動脈硬化による病気を起こすリスクが高いときには薬物療法を行います。

 

記事一覧

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市・武蔵野市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。