消化器疾患

  1. TOP
  2. 内科
  3. 消化器疾患
豆知識記事一覧

 

消化器は食物の消化や吸収に関係する臓器で、口腔、咽頭、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆のう、すい臓などで構成されています。

消化管と言われる胃や腸の病気のうち、悪性腫瘍以外は自覚症状も出やすく、胃痛・胸痛・胸やけ・げっぷ・呑酸・胃もたれ・膨満感・食欲不振・吐き気・嘔吐・吐血・腹痛・下痢・便秘・下血など、様々な症状が起こります。

また一方で、消化腺と呼ばれる肝臓や膵臓は「沈黙の臓器」といわれ、初期の自覚症状が現れにくく、病状が悪化、進行してから異変に気づいたり、自覚症状がないまま人間ドックや定期健診などで発見されることも多くあります。

消化器の主な病気としては憩室・狭窄・噴門痙攣、胃炎、胃癌逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸炎、過敏性腸症候群、肝硬変、膵炎、膵のう胞、胆のう炎などがあります。

他にも消化器疾患には多くの病気がありますので、日頃から食事や生活習慣に注意し、がん検診や健診など、定期的にチェックをしておくことをおすすめします。

 

記事一覧

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市・武蔵野市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。