糖尿病

 

 糖尿病には、1型と2型があります。通常見られるのはメタボリック症候群とも関係の深い2型で、インスリン分泌低下やインスリン抵抗性をきたす遺伝的素因に、過食(特に高脂肪食)、運動不足、肥満、ストレスなどの環境素因や、加齢が加わって発症します。

 糖尿病は初期には症状がなく気付きにくいのですが、血糖が持続して基準を超えているとき、また血糖が高く糖尿病の典型的な症状が見られたときに糖尿病と診断されます。
 糖尿病は、治療が不十分なまま時間が経過すると、手足がしびれたり、自律神経障害などが見られる糖尿病性神経症、進行すると失明する恐れのある糖尿病性網膜症、腎不全が進行して血液透析が必要になる糖尿病性腎症などを合併します。症状が乏しいからと言って決して侮れない病気です。
 しかし、これらの合併症が見られるようになる遥か以前から、身体には変化が起こっています。それは、動脈硬化の進行です。動脈硬化は、食後高血糖などの高血糖により進行します。糖尿病患者の、心筋梗塞を起こす危険度は健常者の3倍以上、脳梗塞では2~4倍です。これらの傾向は、高血糖の程度の軽い境界型糖尿病でも見られます。

糖尿病に対しては、早期の診断と適切な加療が必要です。

 

記事一覧

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市・武蔵野市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。