高血圧症

 

 高血圧症とは、診察室で測った場合、収縮期圧140mmHg以上か、拡張期圧90mmHg以上を言います。あるいは、家庭で測った場合、収縮期圧135mmHg以上か、拡張期圧85mmHg以上が続いた場合も高血圧症と言います。家で測った血圧は診療所で測った血圧よりも通常低いからです。
これを放置すると、動脈硬化が進み、脳梗塞、心筋梗塞などの病気になりやすくなるだけでなく、高血圧性心疾患という心肥大や心不全も起こしてきます。その上、腎臓の機能も低下し、腎硬化症となって血液透析が必要なる場合もあります。糖尿病脂質異常症、肥満症、メタボリックシンドロームなどがあると、血圧が基準以下であっても、これらの状態になるリスクは上がります。

 よく「高血圧の薬は、一度飲み始めたら一生飲み続けなければいけない」と言われます。しかし、その考え方は間違っています。命を長らえる為に薬を飲み、命を長らえたからまた薬を飲むのです。この繰り返しです。高血圧症を治療することによって、我々の寿命は飛躍的に延びたのです。

 高血圧症には症状がない。このことが、この病気が放置されやすい原因であり、また怖いところだということも覚えておいてください。

 

記事一覧

登録されている記事は、ありません。

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市・武蔵野市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。