狭心症

 

 狭心症は、皆さんもよくご存知のように、心臓が痛む病気です。普通、狭心症というと労作性狭心症をさします。
 労作性狭心症とは、心臓を養っている冠動脈という血管が動脈硬化を起こして細くなり、労作、つまり体を使ったときに十分な血液が血管を流れないことによって起こります。冠動脈が細くなっていて、体を使ったとき心臓の筋肉に血液が十分に行かなくなると、心臓はこれを痛みとして感じます。
 労作性狭心症の原因としては、動脈硬化を進める原因である、高血圧症高脂血症糖尿病、喫煙、肥満、ストレス、それに最近注目されているメタボリックシンドロームなどがあります。
 治療としては、細くなった冠動脈内で風船を膨らませて元に戻す方法と、薬物療法があります。薬物療法には、カルシウム拮抗剤、亜硫酸剤、βブロッカーなどを用います。

 次に、異型狭心症といわれるものがあります。典型的な症状は、早朝、胸痛が起こって目覚めるというものです。労作性狭心症が体を動かしているときに起こるのに対し、こちらは安静時に起こります。早朝以外にも、夜間あるいは日中の安静時に起こることもあります。また、運動によって誘発されることもありますが、やはり特徴は安静時に起こるということです。
 心臓に血液を送っている冠動脈が、痙攣を起こすことが原因です。発作時には、冠動脈が痙攣を起こしてキュッと閉まり、そこから先に血液は流れなくなります。この結果、心臓の筋肉に血液が行かなくなって、心臓が痛むのです。
 このように、通常の狭心症とは異なった狭心症ということで、異型狭心症と呼ばれています。また、冠動脈が、痙攣を起こすことによって起こる狭心症というところから、冠攣縮狭心症とも呼ばれます。
 治療は、薬物療法がなされます。カルシウム拮抗剤、亜硝酸剤、ニコランジルなどが用いられますが、労作性狭心症の治療にしばしば用いられるβブロッカーは、使ってはならないとされています。
 狭心症は、体を動かしているときにだけ出るものではありません。安静時に胸痛を感じるようなら、異型狭心症の可能性もあります。一度、御相談ください。

 

記事一覧

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市・武蔵野市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。