元気のしおり

  1. TOP
  2. 元気のしおり
  3. くすりと採血

2017.08.30

その他

くすりと採血

みなさん、お元気ですか~?

クマです。

8月に入ってからというもの、ずーっと曇りっぱなしで晴れたと思えば猛暑日。

春夏秋冬という季節があてはまらなくなっている気がします。

 

今回は当たり前なお話しなんですが、薬と採血についてです。

通院してお薬を飲んでいると、定期的に血液検査が必要となります。

お薬は内臓の調子を整えるために飲みますが、もともと体内にない物質です。

それによって、肝臓や腎臓に負担がかかったり本人が感じない副作用もあります。

また、食生活で血液検査の数値が上下することも少なくありません。

そのため、飲みなれたお薬でも定期的に調べることが大事です。

また、数か月分の長期処方ができないように国でも基準が定められています。

お薬の効き目を確認すると同時に、内臓の不調も確かめることが必要です。

そして、今のように暑い季節では汗で体の水分が減って血液がドロドロになりがちです。検査のある日はなるべく水分をしっかりとっておくと、採血もよりスムーズに行えます。

 

余談ですが、よく女性は痛みに強いといわれています。そのせいなのか採血でクレームが入るのは圧倒的に男性からが多いです。

医療従事者もなるべく痛みが少なく一回で採れるよう、一人ひとり相当な集中力と緊張感をもって業務にあたっています。

もし苦手な場合は、ベッドで横になって採ることもできますのでお気軽にお申し出ください。

 

それでは、厳しい残暑をがんばって乗り切りましょう~

 

 

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市・武蔵野市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。