元気のしおり

  1. TOP
  2. 元気のしおり
  3. 熱中症 2017

2017.06.26

体調管理

熱中症 2017

 

こんにちは、クマです。
いや~猛暑の予感がしてきましたね~あじさい.gif
年々キビしくなる猛暑に果たして人類はどこまで耐えられるのでしょうか??
ナショジオチャンネルあたりでそんな特集番組ありそうですけどね。
自然と共存していたはずが、長い年月をかけて人類が自然を壊し続けたツケがまわってきたのでしょうか。
となると、他の生き物はいいとばっちりですよね。
地面を覆い尽くす熱いアスファルトの上を歩きながらそんなことを考える今日この頃です。
夏の関心といえばやはり熱中症ですからね、今回は総集編といきます。

 

熱中症予防の基本は、体を冷やすことと水分補給ですね。
室内では我慢せずに冷房をいれる。
とくに家のなかでも台所で火を使うときなどは冷気が届きにくいので、保冷剤をくるんだ手ぬぐいを首の後ろと額にあてるとだいぶ冷やされます。
見た目はちょいとアレなので、宅急便が来たときは外したほうがいいでしょう。
しかも、夏は食欲が低下して冷たい飲み物やアイスばかりになってしまいがちですが、
ちゃんと食べないと余計に体力が落ちてしまいますよ。

 

水分は「朝、たっぷり飲んだから平気」というわけではなく、こまめに摂ることが大事です。
一度に大量に飲んでも排泄されてしまえば、意味がありません。
スポーツドリンクは運動後や大量に発汗したあとにはいいですが、糖分も高いので家の中にいるときは水でもじゅうぶんです。
お茶やコーヒーのようにカフェインを含んだものだと排尿が促されてしまうので気を付けましょう。
また、高齢者は気温に対する体の反応も鈍ってきますので、暑いときは汗をかきにくく熱が体内にこもってしまいがちです。喉の渇きも感じにくいので、なるべく水分補給を意識したほうがいいでしょうね。

 

それでは、今夏もがんばって乗り切りましょう~くま_バイバイ.gif

 

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市・武蔵野市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。