元気のしおり

2012.10.29

体調管理

下痢

こんにちは、クマです。
直球なタイトルです。

 

お腹の具合は快調ですか?
今日は下痢のお話です。
下痢には食中毒や食物アレルギー、腸炎など2週間前後で収まる急性のものと、過敏性腸症候群やクローン病などの慢性のものがあります。
食中毒やアレルギーなどでは、その原因となる物質を体内から排出しないといけないので、止瀉薬で無理に止めてしまうのはよくありません。
その場合は、スポーツドリンクなどで水分を補給しつつ、食事は食物繊維が少なく低脂肪のものに置き換えましょう。
症状がひどく、嘔吐や水分摂取がむずかしい場合などは点滴の必要もありますので、医師にご相談ください。
また、慢性の症状がある場合も一度、医療機関で検査を行ったほうがいいでしょう。

カテゴリ

  • 小島大二院長
  • 小島クリニック外観

医療法人社団大由会 小島内科クリニック

小島内科クリニック 内科・循環器科(高血圧・心臓病)

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-8 /
JR三鷹駅南口より徒歩5分
tel.0422-45-1210 / fax.0422-49-9137

copyright (c) Kojima Clinic. All rights reserved.

東京都三鷹市の内科・循環器科 小島内科クリニックは高血圧症、心臓病、脂質異常症(高脂血症)など、内科・循環器科に
専門性を発揮し診療しておりますが、どのような疾患にも慎重に対応して参ります。